胡蝶蘭が贈られるわけ

胡蝶蘭と言って、知らない人はいないものでしょう。誰もが一度はその姿を見たことがあるはずです。お店の開店では、幸福がやってくるという花言葉があることから、贈り物として大変喜ばれるのです。ですが、それだけで送られるわけではありません。あまりに見事な咲き方をし、高級感あふれるところも魅力ですし、花が長く持つということも人気の秘密になっています。その上で、においもほとんどしないため、飲食店に送っても邪魔になったりしないところが重要な意味を持っていたりするのです。さらには、整然と咲かせるようにしてあるために、凛として開店というイメージにぴったりと当てはまるといえるでしょう。

胡蝶蘭の名前の意味を考えていくと、実は蝶を表しておりません。語源はギリシャ語で、ファレノプシスといい、蛾のようなという意味を持っています。華麗な花のイメージは今と違ったのでしょう。それもそのはず、原種をさかのぼってみると、今のように大きな花をつけるのではなく、もっと小ぶりで整然と咲いていたわけではなないのです。

胡蝶蘭を育て、整然と花をつけさせていくためには、かなりの苦労が付いてきます。大事に育てていけば、誰でも花をつけていくことができるのですが、きれいに咲かせようとするとなかなか難しいものがあるのです。 美しい胡蝶蘭ではありますが、きれいに咲かせるためには様々な苦労があります。高価格にもなってしまうのにも理由があり、ラグジュアリーな花の代名詞とされているのです。

イメージ01

胡蝶蘭の人気の理由

胡蝶蘭といえば、ギフトフラワーとして大変な人気を誇る花です。贈られたほうも、喜んでしまうほど見事であり、心に残る贈り物になってくれるでしょう。なんでここまで人気だろうと考えてしまいますが、それにはしっかりとしたわけが存在・・・ 詳細はこちら

イメージ02

胡蝶蘭の人気と特性

胡蝶蘭といえば、ギフトフラワーの王様として君臨しているといっても過言ではないでしょう。それだけ優雅であるからということもありますが、それだけではないのが胡蝶蘭なのです。贈り物として考えた場合、早々と枯れてしまうということは、とても縁起・・・ 詳細はこちら

イメージ02

胡蝶蘭が高額な訳

胡蝶蘭といえば、ギフトフラワーとしても有名ですが、高級な花としても名が知られているといえるでしょう。美しい欄ではありますが、簡単には買えない値段で売られてもいるのです。そこには、高額になってしまう理由が存在するのです・・・ 詳細はこちら

イメージ02